G Suite クーポンのお知らせ

Google 提供のビジネスツール‎「G Suite」には、割引クーポンがあることをご存じですか?
割引クーポンを使用することで、初年度の利用料金が 20% 割引になります。

クーポンをご希望の場合、こちらのフォームから入手ください。

※クーポンには数に限りがございますので、お早めにフォーム送信ください。
※新規に「G Suite Basic」または「G Suite Business」を契約する場合に限ります。

G Suite のアカウント料金はいくらだろうか?

実は一律に料金が決まっている訳ではなく、契約するエディションごとに料金が異なっている。

G Suite には3つのエディションがあり、「Basic」「Business」「Enterprise」の3種類がある。

当然ながら、それぞれでサポートされている機能は異なるため、料金も異なっている。(左から順に高機能、高費用となる)

また、G Suite の料金体系だが、システムの借り切り費用ではなく、契約するユーザー数に基づいて月々の料金が請求される。

具体的には、以下の公式が成り立つといえる。

エディションの月額料金 x 契約ユーザー数 – (割引特典) = 月額費用

本記事ではざっくりと各エディションごとの月額費用だけ説明する。

G Suite を契約した際に掛かる実際の費用については「G Suite の料金は?価格・費用を早見表にまとめました!」の記事を参考にして欲しい。

各エディションごとのアカウント料金

Basic エディション

費用

月額600円(税別)

機能

ストレージ(ドライブ)の容量は 30 GB。

基本的なビジネスツール機能は備えており、仕事で使う分には何不自由なし。

対象

重たいファイルを取り扱わない個人や個人事業主。

Business エディション

費用

月額1,200円(税別)

機能

ストレージ(ドライブ)の容量は無制限。

Basic エディション同様に基本的なビジネスツールを備えており、その上、以下の機能が追加されている。

・App Maker(簡単な操作で G Suite 連携のアプリを作成できるツール)
・管理機能の強化

対象

重たいファイルや大量のファイルを取り扱うような個人または個人事業主、中小企業。

Enterprise エディション

費用

月額3,000円(税別)

機能

ストレージ(ドライブ)の容量は無制限。

Basic, Business エディション同様に基本的なビジネスツールを備えており、その上、以下の機能が追加されている。

・管理機能の強化(主にセキュリティやバックアップ機能)

対象

社員数が多くユーザー監視やセキュリティ、データ損失対策が必要な中小企業、大企業。

まとめ

アカウント料金について
アカウント料金は一律ではない。エディションごとに異なる。
エディションごとのアカウント料金
Basic:600円、Business:1,200円、Enterprise:3,000円。
※いずれも月額、税別
G Suite 自体の料金体系
エディションの月額料金 x 契約ユーザー数 – (割引特典) = 月額費用
※料金体系の詳しい説明はこちらをクリック
G Suite クーポンのお知らせ

Google 提供のビジネスツール‎「G Suite」には、割引クーポンがあることをご存じですか?
割引クーポンを使用することで、初年度の利用料金が 20% 割引になります。

クーポンをご希望の場合、こちらのフォームから入手ください。

※クーポンには数に限りがございますので、お早めにフォーム送信ください。
※新規に「G Suite Basic」または「G Suite Business」を契約する場合に限ります。