G Suite クーポンのお知らせ

Google 提供のビジネスツール‎「G Suite」には、割引クーポンがあることをご存じですか?
割引クーポンを使用することで、初年度の利用料金が 20% 割引になります。

クーポンをご希望の場合、こちらのフォームから入手ください。

※クーポンには数に限りがございますので、お早めにフォーム送信ください。
※新規に「G Suite Basic」または「G Suite Business」を契約する場合に限ります。

G Suite Business のストレージ保存容量はどのくらいだろうか?

G Suite には G Suite Business を含め3つのエディションが存在し、Basic、Business、Enterprise があるが、それぞれのストレージ保存容量がどのくらいかについても言及したい。

G Suite Business のストレージ保存容量について

G Suite Business のストレージ保存容量は「無制限」となっている。

つまり、いくらでもファイルを Google のサーバ(Google ドライブ)に保存することが出来る。

業務において取り扱う電子データが多い組織や、デザインデータなど重いファイルを扱う組織にとっては、非常に喜ばしい保存容量といえる。

ただし、G Suite で契約しているユーザー数が4人以下の場合は、無制限ではなく上限が1TBとされているので、注意が必要だ。

1TBといえば1,000GB(G Suite Basic のストレージ保存容量30GBの約33倍)あるので、1TBでも十分といえるが、ストレージ保存容量を無制限にしたい場合は5人以上のユーザー数を契約するようにして欲しい。

他のエディションとのストレージ保存容量比較

記事冒頭でも述べたが、G Suite には3種類のエディションが存在し、Basic、Business、Enterprise がある。

それぞれのストレージ保存容量を以下に記す。

  • Basic:30GB
  • Business:無制限(※)
  • Enterprise:無制限(※)

※ユーザー数が4人以下の場合は1TB(1,000GB)が上限

Business、Enterprise については容量無制限となっており、特に保存容量を気にする必要は無い。

Basic だけが30GBとやや小さめの容量となっている。

G Suite を契約する際には、基本的には余裕をもつ意味でも容量無制限の Business、Enterprise がおすすめだが、あまりファイルをサーバーに保存しなかったり扱うファイルが軽いものばかりの場合は、Basic の方がコスト的にベターといえる。

まとめ

G Suite Business のストレージ保存容量
G Suite Business のストレージ保存容量は無制限
※ユーザー数が4人以下の場合は1TB(1,000GB)が上限
各エディションごとのストレージ保存容量
Basic:30GB、Business:無制限、Enterprise:無制限
※Business、Enterpriseに関して、ユーザー数が4人以下の場合は1TB(1,000GB)が上限
G Suite クーポンのお知らせ

Google 提供のビジネスツール‎「G Suite」には、割引クーポンがあることをご存じですか?
割引クーポンを使用することで、初年度の利用料金が 20% 割引になります。

クーポンをご希望の場合、こちらのフォームから入手ください。

※クーポンには数に限りがございますので、お早めにフォーム送信ください。
※新規に「G Suite Basic」または「G Suite Business」を契約する場合に限ります。