G Suite クーポンのお知らせ

Google 提供のビジネスツール‎「G Suite」には、割引クーポンがあることをご存じですか?
割引クーポンを使用することで、初年度の利用料金が 20% 割引になります。

クーポンをご希望の場合、こちらのフォームから入手ください。

まずは無料体験したい場合、こちらのリンク先から無料体験をお申し込み下さい。

※無料体験お申し込み後だとクーポンが適応されない場合が多くございます。
 まずは上記フォームからクーポンを申請下さい。(専用の無料体験ページを案内します)

※クーポンには数に限りがございますので、お早めにフォーム送信ください。
※新規に「G Suite Basic」または「G Suite Business」を契約する場合に限ります。

目次

方法

指定したURLのWEBサイト上にある表やリストをインポートするには「IMPORTHTML」関数を使用します。

WEBサイト上の表やリストをインポートする
=IMPORTHTML(URL, クエリ, 指数)
入力例:=IMPORTHTML(“https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E7%B5%B1%E8%A8%88”, “table”, 6)
戻り値:インポートされた結果(下記の図説を参照下さい)

図説

“=IMPORTHTML(URL, クエリ, 指数)”と入力していると、途中で関数の候補が出てきます。
「URL」「クエリ」「指数」の3つの引数を関数に入力し、Enter キーを入力すると、インポートされた結果がセルに入力されます。

<図1>
WEBサイト上の表やリストをインポートする【スプレッドシート/関数】_1

<図2>
WEBサイト上の表やリストをインポートする【スプレッドシート/関数】_2

<図3>
WEBサイト上の表やリストをインポートする【スプレッドシート/関数】_3

G Suite クーポンのお知らせ

Google 提供のビジネスツール‎「G Suite」には、割引クーポンがあることをご存じですか?
割引クーポンを使用することで、初年度の利用料金が 20% 割引になります。

クーポンをご希望の場合、こちらのフォームから入手ください。

まずは無料体験したい場合、こちらのリンク先から無料体験をお申し込み下さい。

※無料体験お申し込み後だとクーポンが適応されない場合が多くございます。
 まずは上記フォームからクーポンを申請下さい。(専用の無料体験ページを案内します)

※クーポンには数に限りがございますので、お早めにフォーム送信ください。
※新規に「G Suite Basic」または「G Suite Business」を契約する場合に限ります。

コメントを残す