G Suite クーポンのお知らせ

Google 提供のビジネスツール‎「G Suite」には、割引クーポンがあることをご存じですか?
割引クーポンを使用することで、初年度の利用料金が 20% 割引になります。

クーポンをご希望の場合、こちらのフォームから入手ください。

※クーポンには数に限りがございますので、お早めにフォーム送信ください。
※新規に「G Suite Basic」または「G Suite Business」を契約する場合に限ります。

本記事では、「Google ドキュメントにテキストボックスを挿入する方法」を説明します。

テキストボックスに関連し、「ワードアート(縁取り文字)の挿入方法」についても説明します。

テキストボックスを挿入する方法

Google ドキュメントにテキストボックスを挿入する方法を説明します。

テキストボックスの新規作成方法編集方法を記します。

テキストボックスを新規作成する

図1 テキストボックスを新規作成する
図1 テキストボックスを新規作成する

テキストボックスを新規作成するには、まず、メニューバーの「挿入」タブをクリックします。

メニューにある「描画 > + 新規」をクリックします。

図2 テキストボックスを新規作成する
図2 テキストボックスを新規作成する

図形描画ダイアログが開かれます。

「テキストボックス」アイコンをクリックします。

図3 テキストボックスを新規作成する
図3 テキストボックスを新規作成する

描画領域をクリックすると、テキストボックスが描画されます。

テキストボックスにテキストを入力し、「保存して終了」ボタンをクリックし、描画ダイアログを閉じます。

テキストボックスの操作について補足

テキストボックスは、回転(傾きの変更)や拡大・縮小が可能です。

  • 回転(傾きの変更):テキストボックス上部の点をクリックしたままドラッグ
  • 拡大・縮小:テキストボックス枠の点をクリックしたままドラッグ
図4 テキストボックスを新規作成する
図4 テキストボックスを新規作成する

テキストボックスがページに挿入されました。

テキストボックスを編集する

図1 テキストボックスを編集する
図1 テキストボックスを編集する

テキストボックスを編集するには、テキストボックスを選択し、メニューにある「編集」をクリックします。

テキストボックスを移動する方法

テキストボックスを移動する方法について説明します。

ドラッグして移動する方法位置を指定する方法を記します。

ドラッグして移動する

図1 ドラッグして移動する
図1 ドラッグして移動する

テキストボックスをドラッグして移動するには、十字カーソルをクリックしたままドラッグします。

※十字カーソルは、テキストボックスにマウスを載せると、表示されます

位置を指定する

図1 位置を指定する
図1 位置を指定する

テキストボックスの位置を指定するには、テキストボックスを選択し、メニューにある任意のテキスト位置をクリックします。

テキスト位置には、以下の種類があります。

  • 行内
  • テキストを折り返す
  • 上下

テキストボックスを装飾する方法

図1 テキストボックスを装飾する方法
図1 テキストボックスを装飾する方法

テキストボックスを装飾するには、テキストボックスを選択し、上図にあるアイコンからそれぞれ操作可能です。

テキストボックスの装飾には、以下の種類があります。

  • 塗りつぶしの色
  • 枠線の色
  • 枠線の太さ
  • 破線の枠線

テキストボックスのテキストを装飾する方法

図1 テキストボックスのテキストを装飾する方法
図1 テキストボックスのテキストを装飾する方法

テキストボックスのテキストを装飾するには、テキストボックスを選択し、右端の3本点のアイコンをクリックして表示される、上図のメニューからそれぞれ操作可能です。

テキストの装飾には、以下の種類があります。

  • フォント
  • フォントサイズ
  • 太字
  • 斜体
  • 下線
  • テキストの色
  • ハイライトの色
  • 配置
  • 行間隔
  • 番号付リスト
  • 箇条書き
  • インデント減
  • インデント増
  • 書式をクリア
  • 入力ツール

関連:ワードアート(縁取り文字)を挿入する方法

テキストの挿入と似たようなものとして、「ワードアート(縁取り文字)」というものがあります。

テキストボックスと関連して、ワードアートの挿入方法についても、説明します。

図1 関連:ワードアートを挿入する方法
図1 関連:ワードアートを挿入する方法

ワードアートを挿入するには、図形描画ダイアログ「操作 > ワードアート」をクリックします。

図2 関連:ワードアートを挿入する方法
図2 関連:ワードアートを挿入する方法

入力ボックスにテキストを入力し、Enter キーを押します。

図3 関連:ワードアートを挿入する方法
図3 関連:ワードアートを挿入する方法

描画領域にワードアートが挿入されました。

ワードアートの装飾が完了したら、「保存して終了」ボタンをクリックします。

図4 関連:ワードアートを挿入する方法
図4 関連:ワードアートを挿入する方法

ワードアートがページに挿入されました。

図5 関連:ワードアートを挿入する方法
図5 関連:ワードアートを挿入する方法

ワードアートを装飾するには、ワードアートを選択し、上図のアイコンからそれぞれ操作可能です。

ワードアートの装飾には、以下の種類があります。

  • 塗りつぶしの色
  • 枠線の色
  • 枠線の太さ
  • 破線の枠線
  • フォント
  • 太字
  • 斜体

ワードアートの移動など、その他の操作方法についても、テキストボックスと同様です。

まとめ:Google ドキュメントにテキストボックスを挿入する方法

本記事では、Google ドキュメントにテキストボックスを挿入する方法を、説明しました。

テキストボックスの移動や装飾についても説明しました。

テキストボックスに関連して、ワードアート(縁取り文字)についても、紹介しました。

テキストボックス機能を活用して、ぜひ、より素晴らしい資料を作成して下さい。

G Suite クーポンのお知らせ

Google 提供のビジネスツール‎「G Suite」には、割引クーポンがあることをご存じですか?
割引クーポンを使用することで、初年度の利用料金が 20% 割引になります。

クーポンをご希望の場合、こちらのフォームから入手ください。

※クーポンには数に限りがございますので、お早めにフォーム送信ください。
※新規に「G Suite Basic」または「G Suite Business」を契約する場合に限ります。