G Suite クーポンのお知らせ

Google 提供のビジネスツール‎「G Suite」には、割引クーポンがあることをご存じですか?
割引クーポンを使用することで、初年度の利用料金が 20% 割引になります。

クーポンをご希望の場合、こちらのフォームから入手ください。

※クーポンには数に限りがございますので、お早めにフォーム送信ください。
※新規に「G Suite Basic」または「G Suite Business」を契約する場合に限ります。

Google スライドでページ番号を自動挿入する方法について、詳しく解説します。

Google スライドはパワポと異なり、少々使い勝手が悪い部分は正直あります。

しかし、Google スライドでも、パワポとほぼ同様のことを実現できます。

ぜひ参考にされて下さい。

ページ番号を1から開始して挿入する

言い換えると、表紙を1ページ目としてページ番号を挿入する方法です。

以下に図説を交えて詳しく説明します。

ページ番号を1から開始して挿入する方法1
ページ番号を1から開始して挿入する方法1

ツールバーの「挿入」タブをクリックします。

メニューにある「スライド番号」をクリックします。

ページ番号を1から開始して挿入する方法2
ページ番号を1から開始して挿入する方法2

スライド番号を設定するポップアップが表示されます。

「オン」を選択し、「適用」ボタンをクリックします。

ページ番号を1から開始して挿入する方法3
ページ番号を1から開始して挿入する方法3
ページ番号を1から開始して挿入する方法4
ページ番号を1から開始して挿入する方法4

ご覧のように、表紙を1ページ目とし、各スライドにページ番号が挿入されています。

以上で、ページ番号を1から開始して挿入する作業は完了です。

ページ番号を0から開始して挿入する

言い換えると、1つ目のスライドである表紙にはページ番号を挿入せず、2つ目のスライド以降からページ番号を挿入する方法です。

Google スライドの仕様上、ページ番号を0から開始(2枚目のスライドを1ページ目とする)が出来ません。(2019/08/16 現在)

そのため、Google スライドの仕様として可能な対応策、および、代替案について、説明します。

表紙のみページ番号を非表示にする

表紙のみページ番号を非表示にする方法1
表紙のみページ番号を非表示にする方法1

先ほどの「ページ番号を0から開始して挿入する」の手順に加え、「タイトルのスライドを除外する」にチェックを入れます。

表紙のみページ番号を非表示にする方法2
表紙のみページ番号を非表示にする方法2
表紙のみページ番号を非表示にする方法3
表紙のみページ番号を非表示にする方法3

ご覧のように、表紙がスキップされ、2枚目のスライドからページ番号が挿入されています。

ただ、ページ番号が表紙も含めてカウントされており、実質1枚目のスライドである2枚目のスライドのページ番号が2となってしまっています。

表紙以外を1ページ目として印刷する

Google スライドの仕様上、0ページ開始(2枚目のスライドを1ページ目とみなす)が出来ないため、代替案で対処します。

具体的には、「一度、表紙だけを印刷し、その後に表紙を削除。そして、1ページから開始している各スライドを印刷する」といった方法です。

以下に図説を交え、詳しく説明します。

まずは表紙のスライドだけを印刷する

表紙のスライドだけを印刷する方法1
表紙のスライドだけを印刷する方法1

ツールバーの「印刷」アイコンをクリックします。

表紙のスライドだけを印刷する方法2
表紙のスライドだけを印刷する方法2

印刷ダイアログが表示されます。

ページ項目にて「カスタム」を選択し、表紙のみの印刷なので「1」と入力します。

上図では「PDFに保存」としていますが、印刷する際は、接続先プリンターを選択して下さい。

「保存(送信)」ボタンを押して、表紙だけを印刷します。

表紙のスライドを削除する

表紙のスライドを削除する方法1
表紙のスライドを削除する方法1

表紙のスライドの上で右クリックをします。

メニューが開かれるので、「削除」をクリックします。

表紙のスライドを削除する方法2
表紙のスライドを削除する方法2

表紙が無くなったことで2枚目であったスライドが1枚目に来ました。

これにより2枚目のスライドを1ページ目として、ページ番号が振られるようになりました。

実質的には、ページ番号が0から開始されたのと同じ状態といえます。

残りのスライドを印刷する

残りのスライドを印刷する方法1
残りのスライドを印刷する方法1

表紙は印刷済みなので、あとは残りのスライドを印刷します。

ツールバーの「印刷」アイコンをクリックします。

残りのスライドを印刷する方法2
残りのスライドを印刷する方法2

印刷ダイアログが表示されます。

「すべて」を選択し、「保存(送信)」をクリックします。

※特定のスライドのみ印刷する場合は、「すべて」を選択せず、「カスタム」を選択し、印刷するページ範囲を指定して下さい。

表紙のスライドを元に戻す

表紙のスライドを元に戻す方法1
表紙のスライドを元に戻す方法1

最後に削除した表紙のスライドを元に戻します。

ツールバーの「元に戻す」をクリックします。

表紙のスライドを元に戻す方法2
表紙のスライドを元に戻す方法2

削除したスライドが復元されました。

総ページ数を挿入する

Google スライドの標準機能では、総ページ数の自動挿入は出来ません。

そのため、代替案を使用する必要があります。

マスター編集」機能により、全スライドに総ページ数を挿入する、という代替案について説明します。

「マスター編集」機能とは?

「マスター編集」とは、全スライドに同一のスタイルを適用する機能です。

総ページ数を挿入する方法1
総ページ数を挿入する方法1

ツールバーの「スライド」タブをクリックします。

メニューにある「マスターを編集」をクリックします。

総ページ数を挿入する方法2
総ページ数を挿入する方法2

適応対象のスライドを選択します。(左サイドバーにあるスライドが黄色枠で囲まれます)

スライドにあるページ番号のテキストボックスを選択し、# に /総ページ数 を追記します。(今回は総ページ数が 5 なので #/5 と入力)

※もちろん、/(スラッシュ)以外の区切り文字を入力頂いても構いません。

スライド上部にある「すべてに再適用」をクリックします。

総ページ数を挿入する方法3
総ページ数を挿入する方法3
総ページ数を挿入する方法4
総ページ数を挿入する方法4

ご覧のように、各スライドで ページ番号/総ページ数 という表示がされました。

ページ番号の位置を調整する

ページ番号の挿入位置を調整する方法
ページ番号の挿入位置を調整する方法

先ほどの「総ページ数を挿入する」と同様に、マスター編集機能を使用します。

マスター編集画面にて、ページ番号のテキストボックスを任意の位置に移動させます。

ページ番号の挿入位置を調整する方法1
ページ番号の挿入位置を調整する方法1
ページ番号の挿入位置を調整する方法2
ページ番号の挿入位置を調整する方法2

ご覧のように、各スライドで、ページ番号の位置が変更されました。

Google スライドでページ番号を自動挿入する方法 まとめ

単純にページ数を自動挿入するだけであれば、以下のように、標準機能で可能です。

2つ目のスライドを1ページ目とみなしたり、総ページ数の挿入、ページ番号の挿入位置の調整などについては、以下の代替案で対処する必要があります。

G Suite クーポンのお知らせ

Google 提供のビジネスツール‎「G Suite」には、割引クーポンがあることをご存じですか?
割引クーポンを使用することで、初年度の利用料金が 20% 割引になります。

クーポンをご希望の場合、こちらのフォームから入手ください。

※クーポンには数に限りがございますので、お早めにフォーム送信ください。
※新規に「G Suite Basic」または「G Suite Business」を契約する場合に限ります。