G Suite クーポンのお知らせ

Google 提供のビジネスツール‎「G Suite」には、割引クーポンがあることをご存じですか?
割引クーポンを使用することで、初年度の利用料金が 20% 割引になります。

クーポンをご希望の場合、こちらのフォームから入手ください。

まずは無料体験したい場合、こちらのリンク先から無料体験をお申し込み下さい。

※無料体験お申し込み後だとクーポンが適応されない場合が多くございます。
 まずは上記フォームからクーポンを申請下さい。(専用の無料体験ページを案内します)

※クーポンには数に限りがございますので、お早めにフォーム送信ください。
※新規に「G Suite Basic」または「G Suite Business」を契約する場合に限ります。

概説

Google SpreadSheets(スプレッドシート)を使っていて、指定したセル範囲のなかで、文字列のみを表示したい場合が稀にあるかと思います。

「文字列と数字が入り混じっているデータのなかで、文字列に絞って表示したい」等々です。

この場合、関数などは使わなくとも、「表示形式の詳細設定」の「カスタム数値形式」の設定をするだけで実現できます。

以下に、詳しく説明します。

方法

文字列のみ(数値のみ)を表示する

文字列のみを表示するには、以下の順番で操作します。

  1. 入力のあるセルを選択
  2. ツールバーの「表示形式の詳細設定」アイコンをクリック
  3. メニューにある「表示形式の詳細設定」 > 「カスタム数値形式」をクリック
  4. 入力フィールドに “;;;@” と入力し「適用」をクリック
    ※「表示形式の詳細設定」アイコンですが、ツールバー左辺りにある123の数字が並んでいるアイコンです。
    ※手順2ですが、メニューバー > 
    表示形式 > 数字 > 表示形式の詳細設定 > カスタム数値形式 からも可能です。
    この場合、表示形式のショートカットキーを使うと素早く操作可能です。
    Windows: Google Chrome → Alt+O、その他のブラウザ → Alt+Shift+O
    Mac: control + option + O

指定したカスタム数値形式 “;;;@” について解説します。

;(セミコロン)は区切り文字(デリミタ)となっており、; で区切ることにより、「正の値」「負の値」「ゼロ」「テキスト」に対して、それぞれ個別に書式を設定することが出来ます。

書式設定の順番は以下の通りです。
[正の値];[負の値];[ゼロ];[テキスト]

今回の場合ですと、”;;;@” と指定しているので、「正の値」「負の値」「ゼロ」は空白、「テキスト」については@(テキスト)の表示となり、文字列のみが表示されるようになります。

文章だけでは分かり辛いかと思いますので、以下に図説します。

<図1>

<図2>

<図3>

G Suite クーポンのお知らせ

Google 提供のビジネスツール‎「G Suite」には、割引クーポンがあることをご存じですか?
割引クーポンを使用することで、初年度の利用料金が 20% 割引になります。

クーポンをご希望の場合、こちらのフォームから入手ください。

まずは無料体験したい場合、こちらのリンク先から無料体験をお申し込み下さい。

※無料体験お申し込み後だとクーポンが適応されない場合が多くございます。
 まずは上記フォームからクーポンを申請下さい。(専用の無料体験ページを案内します)

※クーポンには数に限りがございますので、お早めにフォーム送信ください。
※新規に「G Suite Basic」または「G Suite Business」を契約する場合に限ります。

コメントを残す