方法

セル範囲内の数値の個数をカウントするには「COUNT」関数を使用します。

数値の個数をカウントする
=COUNT(個数を数える最初の値または範囲, [個数を数える追加の値または範囲, …])
※[]は省略可
入力例:=COUNT(A1:A5) ※A1:A5には[“あ”, 1, 1, “い”, “”]のデータが存在
戻り値:2

動画解説

図説

“=COUNT(個数を数える最初の値または範囲, [個数を数える追加の値または範囲, …])”と入力していると、途中で関数の候補が出てきます。
「個数を数える最初の値または範囲」「個数を数える追加の値または範囲」の2つの引数を関数に入力し、Enter キーを入力すると数値の個数がセルに入力されます。

<図1>

<図2>

数値の個数のカウントに関連する質問

COUNT 関数とCOUNTA 関数の違いは?

COUNT 関数とCOUNTA 関数は、両方ともデータの個数を数える関数ですが、少しだけ違いがあります。

COUNT 関数

数値以外の文字が入力されている場合は、それが無視されて数値データのみをカウントする

COUNTA 関数

空白ではないデータを数える。数値ではないデータもカウントする

 

コメントを残す