G Suite クーポンのお知らせ

Google 提供のビジネスツール‎「G Suite」には、割引クーポンがあることをご存じですか?
割引クーポンを使用することで、初年度の利用料金が 20% 割引になります。

クーポンをご希望の場合、こちらのフォームから入手ください。

まずは無料体験したい場合、こちらのリンク先から無料体験をお申し込み下さい。

※無料体験お申し込み後だとクーポンが適応されない場合が多くございます。
 まずは上記フォームからクーポンを申請下さい。(専用の無料体験ページを案内します)

※クーポンには数に限りがございますので、お早めにフォーム送信ください。
※新規に「G Suite Basic」または「G Suite Business」を契約する場合に限ります。

本記事では Google ドキュメントにおける「縦書き」を扱います。

具体的には、「縦書きを行う方法」や「OCR での縦書き文章の読み取り」について、説明します。

ぜひ参考にして下さい。 

Google ドキュメントには縦書き機能が無い

Google ドキュメントでの縦書きですが、標準機能では不可能です。

縦書き機能が Google ドキュメントには 搭載されていないためです。(2019/08/27 現在)

Google ドキュメントで縦書きを実現するには、代替案を使う必要があります。

代替案1:別のツールで縦書き変換し、ドキュメントに貼り付ける

図1 代替案1:別のツールで縦書き変換し、ドキュメントに貼り付ける
図1 代替案1:別のツールで縦書き変換し、ドキュメントに貼り付ける

まず、どんなツールを使用しても構いませんが、テキストを縦書きに変換します。

以下のような WEB 上で公開されている無料ツールの使用がおすすめです。

ツールでテキストを縦書きに変換したら、それをコピーします。

図2 代替案1:別のツールで縦書き変換し、ドキュメントに貼り付ける
図2 代替案1:別のツールで縦書き変換し、ドキュメントに貼り付ける

あとは、ページにコピーしたテキストを貼り付けるだけです。

句読点は行間ずれを起こす可能性がある

縦書きテキストに句読点が含まれている場合、行間ずれを起こす可能性があります。

「縦書きジェネレーター」で変換したテキストは問題ありませんでしたが、ほか2つのツールで変換したテキストを Google ドキュメントに貼り付けたところ、行間ずれが発生しました。

上記理由から、縦書き変換には「縦書きジェネレーター」を推奨します。

代替案2:縦書き文字を画像に変換し、ドキュメントに貼り付ける

まず、縦書き文字を画像に変換する必要がありますが、Google スプレッドシートを使用すると便利です。

Google スプレッドシートを使用して縦書きテキストの画像を作成する方法は、以下の記事で説明しています。

Google スライドを縦書きで使用する方法

2019.08.15

縦書きテキストの画像を作成する」という章をご覧ください。

続いて、縦書きテキスト画像を Google ドキュメントに貼り付ける方法を、以下に説明します。

図1 代替案2:縦書き文字を画像に変換し、ドキュメントに貼り付ける
図1 代替案2:縦書き文字を画像に変換し、ドキュメントに貼り付ける

メニューの「挿入」タブをクリックします。

メニューにある「画像」を選択し、「パソコンからアップロード」をクリックします。

画像一覧から縦書きテキストの画像を選択します。

図2 代替案2:縦書き文字を画像に変換し、ドキュメントに貼り付ける
図2 代替案2:縦書き文字を画像に変換し、ドキュメントに貼り付ける

ページに縦書きテキストの画像が貼り付けられました。

図3 代替案2:縦書き文字を画像に変換し、ドキュメントに貼り付ける
図3 代替案2:縦書き文字を画像に変換し、ドキュメントに貼り付ける

画像を選択し、四角アイコンをドラッグすることで、テキストの大きさ(画像の大きさ)を調整できます。

レイアウトを縦書き(横向き)表示に変更する方法

図1 レイアウトを縦書き(横向き)表示に変更する方法
図1 レイアウトを縦書き(横向き)表示に変更する方法

レイアウトを縦書き(横向き)表示に変更するには、まず、メニューの「ファイル」タブをクリックします。

メニューにある「ページ設定」をクリックします。

図2 レイアウトを縦書き(横向き)表示に変更する方法
図2 レイアウトを縦書き(横向き)表示に変更する方法

「ページ設定」ダイアログが表示されます。

「ページの向き」で「横」を選択し、OK ボタンをクリックします。

図3 レイアウトを縦書き(横向き)表示に変更する方法
図3 レイアウトを縦書き(横向き)表示に変更する方法

レイアウトが縦書き(横向き)表示に変更されました。(※スライド全体を表示する都合で、上図はズーム 50% としています)

関連:縦書き文章はOCRで読み取り可能か?

縦書き文章であっても OCR 機能で読み取り可能です。

ただ、縦書きテキストではなく、横書きテキストとして出力されます。

以下、実際に試してみます。

図1 関連:縦書き文章はOCRで読み取り可能か?
図1 関連:縦書き文章はOCRで読み取り可能か?

上図のテキスト画像を OCR に読み取らせたいと思います。

図2 関連:縦書き文章はOCRで読み取り可能か?
図2 関連:縦書き文章はOCRで読み取り可能か?

OCR 機能は Google ドライブ上から可能です。

まず、テキスト画像を Google ドライブにアップロードします。

テキスト画像ファイルの上で右クリックし、メニューを開き、「アプリで開く」を選択「Google ドキュメント」をクリックします。

図3 関連:縦書き文章はOCRで読み取り可能か?
図3 関連:縦書き文章はOCRで読み取り可能か?

こちらが先ほどのテキスト画像の読み取り結果です。

画像にあるテキストが打鍵された文字であることもあり、精度はパーフェクトでした。

読取ったものが縦書きテキスト画像でも、出力は横書きテキストとなっています。

まとめ:Google ドキュメントで縦書きする方法

Google ドキュメントには、縦書き機能が搭載されていないため、代替案で縦書きを実現する必要があります。

縦書きテキストに合わせて、レイアウトを縦書き(横向き)に変更できます。

縦書きテキストの OCR 読取りについても、説明しました。

将来的に Google ドキュメントで縦書きがサポートされると良いですね。

本記事が、縦書きするにあたり、少しでも参考になれば幸いです。

G Suite クーポンのお知らせ

Google 提供のビジネスツール‎「G Suite」には、割引クーポンがあることをご存じですか?
割引クーポンを使用することで、初年度の利用料金が 20% 割引になります。

クーポンをご希望の場合、こちらのフォームから入手ください。

まずは無料体験したい場合、こちらのリンク先から無料体験をお申し込み下さい。

※無料体験お申し込み後だとクーポンが適応されない場合が多くございます。
 まずは上記フォームからクーポンを申請下さい。(専用の無料体験ページを案内します)

※クーポンには数に限りがございますので、お早めにフォーム送信ください。
※新規に「G Suite Basic」または「G Suite Business」を契約する場合に限ります。